とうとう6匹目「福」が仲間入り・・・四季の移り変わりと愚連隊の日常を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還暦

・・・と言っても、もちろん私ではなく
そう遠い話でもなくなってきたような気がします。

10月9日、10日は今回めでたく還暦を迎えた叔母のための2日間です。

まずはニセコ駅前で待ち合わせ。

niseko-1.jpg

ななかまどが赤い実をつけてます。
羊蹄山麓ではニセコだけ・・・ハロウィンで町はかぼちゃだらけです。

そしてただいま土日祝日運行中のSL・・・
鉄ちゃんでなくてもテンションあがります。

niseko-2.jpg
niseko-3.jpg

札幌ー蘭越間を1往復してます。
札幌ー倶知安間は指定席料金が必要ですが倶知安ー蘭越間は運賃のみで乗車できます。
4両ある客車はあっという間に人で埋まってしまいます。
揺れもひどく決して乗り心地がいいとは言えませんが、SLの鼓動と匂いが旅情を誘います。
ニセコ山系を見て、尻別川沿いの紅葉した木々が車窓を流れて行きます。
ニセコー蘭越間を往復してきました。

お昼は駅前にある「ニセコ倶楽部」で・・・
予約していてよかったぁ~
この連休は予約しないとまともに食事にありつけませんからね~

紅葉が始まったニセコ界隈・・・
見せたい景色がいっぱいありあます。
そう思って向かうは神仙沼・・・
でも嫌な予感がした。
連休中日、おそらく混んでる。
予想はしてたけど予想以上でした。
当たり前に駐車場は満員・・・
駐車場に入れない車が路駐・・・
とても紅葉を楽しめる状況ではなかった。
・・・と言うことでスルー

こっちに移住したら、この界隈の温泉に宿泊することはないなって思ってたけど・・・
今回みんなでお世話になったのはニセコ昆布温泉「甘露の森」
日帰りでは何度かお邪魔しましたが宿泊はもちろん初!

niseko-4.jpg

kanreki.jpg

今回は叔母の還暦のお祝いってことでスタッフさんには無理言って個室とちゃんちゃんこをご用意していただきました。
カメラを持ってる人は一斉にパシャパシャ・・・
照れながらも喜んでる姿が印象的でした。
そんな叔母には私たちから絵のプレゼント・・・
モデルは去年亡くなった愛猫の「みるく」の絵。

niseko-5.jpg

今回は似顔絵師 泉 華さんにお願いして今回の会に間に合うように作っていただきました。
絵が立体的になっててバックはフェルト加工してあります。
作りも絵もかわいく仕上がってました。

niseko-6.jpg

お料理は前菜から・・・
前菜とは思えないほど豪華でした。
タラバ、赤貝、本マグロ、真鯛、アジ、小エビのたたき・・・

niseko-7.jpg

鮭、サンマ、ホタテ、舞茸、しめじ、玉ねぎのグリル。
わかりにくいけどウニソースがかかってます。

niseko-8.jpg

ハーブ豚のみぞれ仕立て・・
ハーブ豚は我が真狩産です。

niseko-9.jpg

栗ご飯・・・
共通してるのはどれも上品な味・・・
そして出汁がおいしい・・・
濃くないのに味がしっかりしてる。
そして素材の味がちゃんと生きてる・・・
今、ニセコは旬野菜がたくさん。
ニセコの味を堪能することができました。
〆のスィーツがこれまた絶品。

niseko-10.jpg

表面をバーナーで炙ってるのでパリパリ、中はふんわりのクリームブリュレ。
もう少し大盛りで食べたかった♪

お料理は全部で7品、どれもこれも美味しくいただきました。
叔母にとっても最高の還暦祝いになってくれたのではないかと思いました。

お風呂は硫黄の匂いのする温泉。
日帰りでは男湯の露天風呂が小さく、宿泊しないと女湯の大きな露天風呂に入浴できない・・・
前から大きな方に入りたかった夢が実現した。

露天から紅葉を見ながら温泉に浸かる・・・
これ以上の至福はないなぁ~
叔母にも感謝です。

朝のバイキングも種類豊富・・・
特にパンの種類は多かった。
よせばいいのに洋食、和食全部を堪能してお腹キツキツ・・・
晩まで何も食べれなかったほど・・・

還暦は一つの区切り。
まだまだ若くてシャキシャキしてる叔母がとても還暦とは思えない。
孫を相手にしてると、若さを保つことができるのかなぁ~
無邪気な孫を見てそう思った。

niseko-11.jpg

「甘露の森」スタッフのみなさん、お世話になりました。
そしてのりさん、色々気を使って頂きありがとうございました。
おかげさまで記念になる還暦祝いをすることができました。
スポンサーサイト

ぐう旅で湯の川温泉②

0514-7777.jpg

2日目に立ち寄った五稜郭公園。
散り際の桜は五稜郭タワーから見るのがいい♪
2日間とも天気最悪、雨に煙る函館市内・・・

0514-8888.jpg

真下に見える街並みもダイナミック!
タワーの床も一部スケルトンになってる。

DSC_0460.jpg

goryoukaku.jpg

花見のためのブルーシート、むざんにも雨さらし・・・

帰り際にもう一度行った金森倉庫・・・
何度行っても飽きない、食と雑貨のお店がたくさんあります。
必ず行くのがチーズオムレットでおなじみの「スナッフルズ」

snfs.jpg

今回初!ミルクジャムのお店「レ・コンフィチュール」

milk.jpg


全種類のジャムをクラッカーと共に試食できます。

milk-1.jpg

そして函館が発祥の、今も大人気の「ラッキーピエロ」

rappi.jpg

一番人気の「チャイニーズバーガー」

rappi-1.jpg


函館は美味しいものがいっぱい・・・
間食が多すぎて朝昼晩のご飯に影響が出るくらい、つまみ食いしてしまう町・・・

今回「ぐう旅」で泊まった「湯の川グランドホテル」、平日で割と空いていて快適だった。
1万円と言う価格設定にもかかわらずグレードを落とすことなく、1つ上のサービスを楽しむことができた。
スタッフさんの対応も申し分なくいいお湯を堪能できた。
同じサービス業に携わるものとして見習う箇所も随所にあった。
願わくば、ホテルって外観や真新しい設備や食の充実さに加えてスタッフの接客対応まで完璧であってほしいのだが、口コミの投稿は必ずしもいいことばかりは書いていないようだ。
口コミって評価基準の主たるものだから、書く方も慎重でなければならないけど・・・
だって、読んでたら「それは仕方ないいじゃない??」とか「それはお前のわがままだろ!」って文章もある。
見て判断する人には判ってると思うけどね。
だけどクレームやちょっとした「お小言」ってホテルにしてみたら貴重なご意見
今後の集客のための糧になる。
書く側はそこんとこも考えて意見してほしいなぁって思った。


「旅行」は玄関に着くまでが「旅行」!
決して気を抜いてはいけない・・・
だが・・・



気を抜いてしまった結果がこれ↓↓↓






DSC_0461.jpg

この国庫金、どうか有効に使ってくだされ

ぐう旅で湯の川温泉①

ぐう旅北海道☆1万円キャンペーン

↑↑↑↑
この広告に魅かれてさぁ~♪

「うわぁ・・・ここ安いね!ここなんか普段こんな値段じゃ泊まれないのに・・・!」
なんて二人で話してたら・・・

いつの間にか、お二人様ご予約~♪

今月いっぱいまでやってますのでいかが・・・?


てなわけで、行ってきました湯の川温泉♨

しかし天気までは賛同してくれません。
朝から暴風雨

函館に入るまで雨は降り続く・・・

途中、森町の道の駅の裏にある「おにうし公園」の桜
0514-1111.jpg

0514-2222.jpg


まだ咲かぬ我が家の桜、道南では強風と雨にさらされて散り始めてました。
それでもまだ力強く咲いてます。
むせぶ様に香る桜・・・
今回は桜を見る旅でもあります。

そして函館市内、柏木町の住宅地を抜ける道路・・・
桜のトンネルでした。

0514-3333.jpg

大量に散った花びらは家の前で吹きだまりになってます。
車や家の壁が花びらだらけ・・・

本日のお泊まりは湯の川グランドホテル♨
お部屋は和モダンな感じ・・・
改装してすごくおしゃれ・・・
もちろん部屋はオーシャンビュー
アメニティも充実してます。

0514-9999.jpg


0514-4444.jpg

0514-11111.jpg

1万円だからといって、食事のグレードが落ちたわけではありません。
カニとタコのしゃぶしゃぶ、陶板焼きは肉がめちゃめちゃ柔らかくてジューシ♪
松前漬けやたこわさび、こはだの酢の物、お刺身、煮物、タケノコご飯、フノリのお味噌汁・・・

0513-787878.jpg

0513-45656.jpg

0513-12312.jpg

0513-4444.jpg

0514-6767.jpg

団体客も入っておらず、あずましいホテルライフ(^。^)
温泉に浸かり、露天で強風にあおられながら(゜-゜)

寒いしめんどいと言う相方を無理やり連れて函館山へ・・・
函館来たらぜったいこれは見ておかないとね。

0514-6666.jpg

何回見てもいい・・・♪
相変わらず強風だったけどね・・・

冷えた身体は帰ってきてからまた♨
1日目の夜は更けて行きます・・・

ところで・・・

今日14日は小鉄の1歳の誕生日

何事もなくここまでごりっぱにお育ちになられまして・・・
とーさんもかーさんも嬉しいです♪
天国にいるせなとやまとが見守ってくれてるおかげだね!
もちろん、文太とむつの存在も大きい・・・
小鉄、これからも元気でいっぱい遊んで大きくなってね(^_-)-☆

0513-0123.jpg

遅ればせながら、うぃぃぃぃーーーです

CIMG8536.jpg


黒松内町にある、「マザーネイチャー」というパン屋さん。
我が家と同じ「アーキビジョン21」というハウスメーカーで建てられた。
以前から1度行ってみたかった。
レンガの造りではないのでアーキさんっぽくはないが、ちょうどレンガの家が発売される頃に買われたそうだ。

CIMG8544.jpg

「ハイジの白パン」と「豆乳パン」・・・
どちらも質量感があってモチモチしてる。
早速今朝の朝食にいただいた。美味しぃ~♪
場所は黒松内温泉「ぶなの森」の近く、真狩からは1時間近くかかった。
一人で温泉に入り帰ってくる。

ほどなくして相方が社員旅行から帰ってきた。
お土産はビンゴゲームで見事当てた「Wii」

CIMG8539.jpg

運をこれで使い果たさなけりゃいいが(・.・;)
そのほかにスナッフルズのチーズオムレット

CIMG8541.jpg

めちゃめちゃうまーーーい!!
もはや、函館と言えば・・・のスィーツです。
要はチーズスフレなんだけど、甘さをおさえてくどくない感じ。
食べた瞬間口の中で溶けちゃってます。

さて、その相方が今回泊まったホテル・・・
野口観光の最高峰ともいえる超高級でありまして・・・
詳しくはこれ、見てくださいませーーーー>望楼NOGUCHI・函館                                                      
羨ましい限り、贅を尽くしたホテルです。
高いけど、それ以上の満足を味わうことのできるお宿です。
お金払う価値は充分にありますねーーー!
充分楽しんで帰ってきましたです。


今日の羊蹄山

1111-1.jpg

朝、ちらちら雪降ってました。
この連休、まったく天気に恵まれない(-_-;)

洞爺湖温泉・湖畔亭

我が真狩村から30分チョイの場所にある観光地・洞爺湖。
泊まることなんてないだろうなぁって思ってたら、ネット予約限定でなんと1泊2食で2名1室¥6500
昨日からお泊まりしてきちゃいました。
小鉄にとっては初のお留守番・・・大丈夫かなぁ~と心配しつつもむつと文太に託しました。
湖畔亭は野口観光が誇る老舗のホテル。
洞爺湖では代表的な温泉ホテルの一つです。
通されたお部屋は湖側の眺望抜群な1室・・・

0929-1.jpg

天気が良ければ洞爺湖の先に羊蹄山が見える最高の部屋です。
なのでなおさらですが・・・部屋の古さが際立つのです。
まぁ、¥6500ですから値段相応と言ってしまえばそれまでですが、それにしても随所に古さが目立つのです。
ユニットバスが極狭だったり壁紙が浮いてたり錆があったり・・・
スタッフの対応が気持ちよく、朝晩のバイキングのご飯もおいしく・・・建物の設備の古さ以外はとてもいいのです。

0929-2.jpg


0929-3.jpg

食事をする会場はちょっと狭いかなぁ~
朝も晩もちょっと待たされましたが・・・
ズワイガニがあったりホタテがあったり松前漬け、落葉きのこ、鮭いくら・・・旬の食材がそそります。
あれもこれもで毎回キツキツになるまで食べちゃう・・・
バイキングは恐ろしいのです。
そして20:45からのロングラン花火大会、もはや洞爺湖温泉街の名物です。


0929-4.jpg

0929-5.jpg

0929-6.jpg

テレビ見ながらウトウトして、深夜にまた温泉・・・
目の前に洞爺湖を見ながら大きな樽風呂に足を投げ出して・・・
至福のひとときでした・・・
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。