とうとう6匹目「福」が仲間入り・・・四季の移り変わりと愚連隊の日常を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく東京へ・・・その2

東京の2日目・・・

とにかく時間のない今回の旅です。
優雅に朝ご飯を食べてる時間もなく、自室で前の日に買った朝ご飯を済ませてホテルのロビーに集合したのがAM7:00・・・
ここで同行していただいたご夫婦とは別行動となるためお別れです。


朝8時前、私達は憧れの場所にいました。

0907-004_20150907225650c0c.jpg

東京に来たらここは外せませんね。
雲に隠れたはるか上を目指しますよ♪

0907-005.jpg

私達はすでに予約してるので並ぶことなくすぐにエレベーターへ。
天望デッキまで350メートル、天望回廊まで450メートルあります。
料金は天望デッキまで¥2570(事前予約)、天望回廊まで¥1030(予約不可)まぁまぁいいお値段ですよね。
なのでお値段分楽しんで恐怖感も感じなくては・・・

0907-006.jpg

上からの眺望は最高だけど晴れには恵まれなかった。
隅田川が見えますね~
アサヒビールタワーの隣に見えるのがスーパードライホールです。

0907-007.jpg

通称「うんこビル」って呼んでます。
燃え盛る炎を形象した「フラムドール(フランス語 flamme d'or、金の炎)」と呼ばれるもので、アサヒビールの燃える心を象徴する「炎のオブジェ」とされる・・・(ウィキペディアより抜粋)



これが天望回廊からの眺望・・・
昨日永ちゃんがライブを行った東京ドームがかなり霞んで見えます。
そしてお約束の・・・

0907-009_2015090722572477b.jpg

高い所がダメな方、ほんとにすくむみたいですね。
まるでそれを楽しむかのように強化ガラスの上をどんどん跳ねて遊んでました。

0907-010.jpg

真下には寝転がって全体をカメラに収めることができるようにソファのようなモノがいっぱいあります。
ちょうど前の写真の強化ガラスの左下の部分がそうです。

前日とは打って変わって曇りで少し涼しい東京です。

東京の地下鉄はホントに複雑です。
切符1つ満足に買えません・・・
札幌の地下鉄は簡単ですよ~
南北線と東西線と東豊線の3つしかないですからね。

そんな複雑な地下鉄を乗り継いで向かった先は・・・

0907-011.jpg

靖国神社です。
いきなり物々しい風景が広がってました。

0907-012.jpg

A級戦犯として処刑された英霊を初め、戦争で命を落とした軍人さんが祀られている。
政治家が参拝するだけで近隣諸国から非難を浴びるニュースを目にするが・・・
私たちからすれば、今の日本の礎を築いたのは自らの命を投げ売った方々がいたからこそであると考える。
戦争反対と声を上げるのは今の時代だからこそであり、当時は戦争しないと言う選択肢はなかった。
政治家のみならず一般人の参拝は純粋に、戦争は二度としないと言う誓いであり安らかに眠ってくださいと言わずにはいられない。

0907-014.jpg

0907-015.jpg

0907-016.jpg

本殿の横にある「遊就館」

0907-017.jpg

英霊の遺書や遺品を主に展示されています。
その中には家族や大事な人を残して戦地に行かなければならない方々の最期の言葉が書かれています。
70年の時を経ても色褪せない当時の想いが伝わってきます。
血にまみれた軍服には被弾の跡も残ってます。
若くして国のために命をささげるべく散っていった英霊には尊敬の念と感謝でいっぱいになります。
ここは、自分をリセットするのには最適の場所です。

0907-013.jpg

帰る頃には倍に増えていたと思います・・・

次に向かったのはここ・・・

0907-018.jpg

千疋屋日本橋総本店~

言わずと知れた、高級フルーツの宝庫。
葡萄、¥1万超え~
1房いくらだよ!

0907-019.jpg

一般庶民にはこちら・・・
いやいや、これでも¥2000近くするんですよー
でも美味しい~♪
マスクメロンに巨峰にマンゴーに・・・
買えばべらぼうに高いフルーツが大集合~
お昼には入店待ちで行列ができてました。

1泊2日を締めくくるのは月島~

0907-020.jpg

0907-021.jpg

大阪でお好み焼きを食べるように、東京ではもんじゃを食べなければね。

0907-022.jpg

人気No1の明太もちチーズもんじゃを注文。
足りなそうに見えるけどかなりお腹が満たされます。
御店は事前にリサーチしなかったけど美味しかった~

楽しい時間はあっと言う間・・・
もんじゃ通りで偶然見つけた猫雑貨のお店でコップ2つをお土産に買っていそいそと東京駅に向かいます。
ここでうさぎさんとお別れです。
好きなモノに一緒に共感し、いっぱい楽しむことができました。
1泊2日はあまりにも短すぎます。
まだもう少しという思いを残して空港行きのバスに乗ります。

今回も弾丸です。
ゆえに凝縮した旅でした。
うさぎさん、今度は北海道に来てください。
全力でおもてなししますよ~
スポンサーサイト

とにかく東京へ・・・

東京・・・行ってきました。
何十年か前に仕事の拠点としていたところですが、人混みといろんなことに揉まれていくうちに帰りたくなり・・・

そんな苦い都会に何故行きたくなる・・・?

時間が立つと客観的に見ることができるようになり・・・
と言いますか、それなりに理由がないと決心できないものであり・・・

6月くらいからこの日のために準備して楽しみにしてきました。

9月5日(土)

0907-001_20150907225646f2e.jpg

初めて乗るLCC「バニラエア」
なるべく格安で行って濃い内容の旅にしよう、削るとこは削ってね。
今回は往復の航空券と1泊のホテル込みで¥15000ほど・・・
なので機内サービスはないしシートは他の航空会社の飛行機よりも狭いし・・・
まぁ、1時間ちょっとだしね。

しかも今回は初の成田空港~

0907-002_201509072256470aa.jpg

これからの二日間の楽しみを想像しながら東京へ向かいます。
成田空港の第3ターミナルからのアクセスはちょっと不便ですね。
京成線もJRも第2ターミナルまで行かないといけません。

飛行機のグレードを下げて、空港から東京まではバスで¥1000で行けるところをあえて「成田エキスプレス」に乗ります。
ちなみにNEXはバスの3倍の料金でした(汗)

0907-003_20150907225649c15.jpg

新千歳空港へのシャトルバスも飛行機も満席だったのにNEXはガラ空でした。
心地いい線路の音と流れる久々の都会の景色を見ながら1時間で東京駅に着きます。

家を出る時は10℃ちょっとでした。
東京のこの日の気温は29℃・・・
まず、この気温差にやられます。

東京駅から大手町駅まで歩き、東西線でホテルのある茅場町まで向かいます。
ホテルで関西組と合流~
関西組・・・

今回は1年ぶりにお会いする方、凄く楽しみにしてました。
お会いしたのは去年の6月・・・


関西進出①関西進出②
関西進出③


このブログを通じて凄くいい出会いがあり私達夫婦共にお付き合いさせていただいてるのです。
ぼちぼちいこかのうさぎさんです。
ここでは姐さんと呼んでます。

今回はお友達夫婦も同行しての東京紀行です。
それも前からの楽しみでした。
ラインのお付き合いもありまったく知らないわけではありませんがお会いするのはこの日が初めてです。

私の東京着は12時前、姐さん達は朝一の新幹線で先に東京入りしているので浅草観光をしたようです。
東京で先に目につくのはやはりスカイツリーですよね。
とにかく1泊2日の忙しく余裕のない旅ですから効率よく廻らなくてはなりません。

今回、航空券とセットで予約した、東京茅場町にある「スマイルホテル東京日本橋」
あちこちに行く拠点としては最適の場所でした。
お昼前に到着し、ここで姐さん達と待ち合わせです。

北海道からは私1人の参戦で強烈な「西風」にいい意味で巻き込まれる二日間です(笑)
本来の目的のイベントが夕方なのでまずは第1の目的地「築地」へ向かいます。

0909-002.jpg

この日は土曜日、かなりの混雑ぶりでした。
狭い通路、人混み、異国の言葉・・・そして酷暑、普段よりも身体が受け入れてるのがわかります。
これと言ってお目当ての店があるわけでもないのでアンテナを張りながら、北海道弁と関西弁の塊が人混みの急流に身を任せます。

0909-003.jpg

北海道人がまさか築地でイクラ喰ってます(笑)
美味しかったですよ・・・ええ
北海道でさえイクラはお高い高級魚卵ですからねー
姐さんは浅草の有名店で天丼を召しあがってきたので、テリー伊藤さんのお兄さんのアニー伊藤さんのお店の卵焼き食べてたそうです。
こういう時ってお腹いっぱい食べても余裕があるのでいくらでも食べれそうだから不思議です。

長文ですよー、今回のブログは・・・(笑)

その後、ひとまずホテルに戻り一休み・・・
今回の旅のメインイベントとなる会場へ足を運びます。
タオルもった?
チケットは・・・?
予習、復習した?

0909-005.jpg

EIKICHI YAZAWA ROCK IN DOME 2015

1年に1度の夢の祭典、これがあるがために日々の生活を頑張ってこれる私のエッセンス・・・
例年だと全国ツアーと称して札幌にも来るはずだったのに、今年はこの日の東京ドームのみというお知らせに愕然しつつ、これは大変とばかりに高い倍率の中、一筋の光に望みを託して見事抽選を獲得し勝利を得ました。

久々の東京ドームです。
初めての東京ドームは2009年9月19日、これは行って良かったと思える伝説のライブです。
同月に還暦を迎えた永ちゃん、ゲストに甲本ヒロト、ギターのマーシー、氷室恭介、そして矢沢家の長女・洋子がサプライズ~
あれから6年後、65歳の誕生日を目の前にしたライブです。

0909-006.jpg

白の上下を素肌にまとい、バッシュ、ビーチタオル持参のいでたち・・・
強面の方が多いけどみんな純粋に永ちゃんを愛してやまない方々ばかりです。
女子は、少数派ではあるけどチャイナ服が目立ちます。
ファンの中でもてっぺんで一番楽しんでる方々だと思います。
会場までタオルを忍ばせていた私達はまだまだですよねー(笑)
でも帰りはホテルまで首に下げてましたが・・・

近年ライブに来るファン層が変わりつつあります。
それはいでたちであったり、若年層もいたり、普通のおじさんやおばさんもいたり・・・
ライブ中の楽しみ方も人それぞれです。
見てみたいって好奇心の方もいるでしょうねー
そんないっさいがっさいの客の心を鷲掴みにする最高のライブになるんですよー

0909-007.jpg

ドームは広いっす!
席は2階、かなり遠いけど(泣)
大型モニターも小さく見えます。
この時点で今回のメンバーが1塁側と3塁側に別れてしまいます。
みんなで一緒にノリたかったなぁ~

時間が経つごとに数万人分の席が埋まっていき、待ちきれない「てっぺん」の方々の永ちゃんコールがあちこちで始まります。
開演の19時前には普段やらないウェーブも・・・
ボルテージは最高潮に達します。
じらされた数万人の客は照明が落とされた瞬間に爆発します。
・・・と共にステージ脇から真っ赤なキャデラックのオープンカーで登場!
アリーナとスタンド席の間をゆっくりと移動して行きます。
以前横浜スタジアムで見た時は白のロールスロイスだったような・・・
ド派手な演出でショーが始まります。
間奏には永ちゃんコ―ル、会場の一体感はハンパない。
驚いたのは2曲目に「Ha~Ha」えぇぇぇってなった。
だってこの曲はアンコール前にやるからね。タオル持ってあたふたしたよ~
それはMCでも言ってた・・・「まさか2曲目で来ると思わなかったでしょ?ごめんねー」って。
1曲目でマイク持ったらいきなりヒューズが飛んだらしくハプニングも尽きない。
そう言えば前のドームの時もイヤホンからの音がよく途切れてたっけ。
バンドの音が聞こえなくなるらしく唄えないらしいね。

中盤になると今度はバイクにまたがり威嚇するかのようにふかしながら狭い通路を走り抜ける。
今回は演出もかっこいい・・・
客の頭の上を移動するステージがドーム中央まで・・・
たたみかけるように、そして強弱をつけるような選曲に魅了され完全に引き込まれている。
ファンならわかる、終わりを告げる曲・・・時計を見なくても「あぁ、そろそろかなぁ」って感じる選曲。
「ロックンロールに感謝しようぜぇ~」と言って一旦会場を後にする。
バックバンドが演奏してるのにステージを去って行くのは独特の永ちゃんスタイル・・・
興奮の渦、ため息が会場に残る。
すぐに永ちゃんコールが始まりアンコールを待つ。

白のハットに白の上下で現れた永ちゃん、歓喜につつまれたまま、まさかのダブルアンコールで登場!
さすが1回きりのドーム公演だ。
2曲目で演った「Ha~Ha」を唄う。
色とりどりのタオルが宙を乱舞する。
興奮のままステージをあとにする永ちゃんを見送った。

0909-008.jpg

MCでの言葉が印象に残る。
「老けてるヒマがない・・・ステージに立ち続ける!」
40何年やってきた彼の言葉の重みはハンパない・・・
決してまっすぐではなかった人生だけどここまでやってこれたアーチストは偉大だ。
そんな彼の、衰えを全く感じさせない身体の奥底から湧きでる声がすべてを物語ってる。

前のドーム公演でも語っていた・・・2008年にライブも止め、CD発売もしなかった1年があった。
走り続けてきた彼が一度自分を見つめ直した貴重な1年・・・
同じ方向ばかり走ってきて行き詰ったことに気付き、角度を変えて見つめ直したと言う・・・
いくらでもある可能性を見つけてよりパワーアップした。
海の向こうで70歳を超えたアーチストがいる、おれもそこを目指すと言う力強い言葉が凄く印象に残った。
何の違和感もない65歳の現役ロックシンガー、いつまでも飢えて何かを追い求める狼でいて欲しいと思います。

さて・・・

会場を後にしたらお腹が空きました。
ふらっと入った居酒屋、予想通りの展開・・・
興奮をそのまま店に持ち込んできたような方がたくさん・・・
「帰りに美味いビール飲んで帰ってくださーーーい」とは永ちゃんの言葉。
えぇ、言いつけどおりにみんな飲んでますよ(笑)
そしてどこからともなく永ちゃんコール・・・
なんか、スポーツバーみたい・・・
一体感はここにもありました。

閉店ギリギリまでお店は盛り上がり、日付が変わるころやっと店を後にします。
来年も行くよ、永ちゃん!

長文、読んでいただいてありがとうございました。
2日目へ続きます~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。