とうとう6匹目「福」が仲間入り・・・四季の移り変わりと愚連隊の日常を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪と罰

昨日、札幌の帰り・・・

我が家にほど近い道々でタヌキを轢いてしまった。

暗がりにのそのそと、目の前に・・・

「あっ!」と思った時にはもう遅かった。

鈍い音、乗り上げたような感覚・・・

今日現場に行った。

もういなかった・・・

きっと道路管理の車が回収して行ったんだろう。



一晩、罪の意識に苛まれた。

小さな命を奪ってしまったことで自分を追い詰めた。

このままでは区切りが付けられないと思い、花束を買ってきて現場に手向け、手を合わせてきた。

重い・・・

自分にのしかかっている罪が重い・・・

友達が教えてくれた・・・

これは罰なんだと・・・

しばらくこんな思いを引きずることが自分への罰なんだと・・・

そして犠牲になったタヌキの分、他の命を大切にすると誓うこと・・・

身を持って気をつけなさいと教えてくれたこと・・・

地球で一番罪深い存在は人間だと・・・

すべての犠牲の上に成り立っていることを忘れてはいけないと思っている。

人によっては大袈裟に聞こえるかもしれない・・・

何もそこまで・・・と、笑うかもしれない・・・

でもそれが自分なのだから仕方ない。

そう思わずにいられないのだから仕方ない。

こう言ってる自分、都合がいいと思う。

そう思うことで自分を救おうとしてるのだから・・・

しばらくこの苦しい感じは続くだろう・・・

毎日通るあの現場・・・

思い出さずにはいられないだろう。

こう思うことが犠牲になった者への弔いの一端になればいい。


スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。