とうとう6匹目「福」が仲間入り・・・四季の移り変わりと愚連隊の日常を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年前のこと・・・

bun111.jpg

文太は3年前、後志振興局のHP上の里親募集で知り合った。
それはせなが亡くなって3か月経った頃。
やまとがまだ健在だった頃でした。
むつと並んで掲載されていた写真を見てどうしてもうちの子にと思った。

思いついたら行動は早かった。
すぐに倶知安町にある振興局に引き取りに行くと事務所内でむつが保護されていた。
黒くてちっちゃくて借りてきた猫みたいにしおらしかった。
文太はその場にはいなくて、そこから20㌔ほど離れた岩内町の保健所にいると言うのでその足ですぐに向かった。

保健所で少し待たされた後、近所に住んでおられた方が文太を大事そうに抱えてきた。
どうやら一時的に保護していたらしい。
その方から文太を預かったが、家の事情でやむなく手放さざるを得なかったとのこと・・・
別れを惜しんでおられたのを今でもはっきりと覚えている。

その方はしばらくこのHPで書き込みしていただいて、文太の成長を見守っておられた様子だったがある時からぱったり途絶えてしまった。
心配になりながらも3年が経ち、最近私はその方が住んでいる町が担当エリアになった。

忘れかけていた記憶が蘇った。
確か、保健所からそう遠くない距離に住んでおられるのは何となく解っていた。
どうしてもお会いしたくなりお名前だけを頼りに探した。

そして今日、やっとお会いすることができた。

何と今までずっとHPを見てくださっていたのだそうだ。
家のパソコンが調子悪くなって書き込みはできなかったとのこと・・・
何だか勝手に熱くなってしまった・・・

文太はその頃から人に対してかなり警戒感があったらしい。
でもその方が保護するころにはかなり心を許していたんだろうな・・・
それでも文太と一緒に暮らせなかったこと、手放さなくてはならなかったことを察したら何だか切なくなった。
3年前のことなのに・・・

でもこうしてお会いできてホントに良かった。
これを見ていたら・・・

いつでも遊びに来てください。
文太は多分覚えていないとは思うけど・・・

スポンサーサイト

コメント

文太は覚えているよv-218
やさしくしてくれた人は忘れるコトはないと思うよ。

うちの犬が産んだコは生後2ヶ月で巣立ってから8年後に会った。
最初は吠えた。ちょっと警戒か!?
そしてニオイを嗅いだ途端に気が狂わんばかりの甘える声を出した。
こっちがびっくりしたのを覚えている。

犬と猫の違いはある?v-16
犬と猫の違いもあるけど、犬同士ならきっとあると思う。人間と猫なら、覚えていたらもっとびっくりするなぁ~
文太を保護していなかったら私達との生活もなかっただろうし・・・命の恩人ですね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。