とうとう6匹目「福」が仲間入り・・・四季の移り変わりと愚連隊の日常を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三味線ライブ IN 泊

tomarinkan.jpg

写真は今話題の泊原子力発電所に隣接する道の駅「とまりん館」
ここで新田親子三味線ライブを堪能してきました。

ちょっと前から三味線の音色、力強さに魅了され興味を持った。
倶知安のお師匠さんに付いて習ったこともありました。
仕事の関係で続けられなくなり途中でやめざるを得ませんでしたが今でも三味線は好きです。

親子でありながら家元と弟子の間柄、掛け合いと息のぴったり合った演奏は素晴らしかった。
津軽三味線と言えば「津軽じょんから節」眼を閉じると厳しい津軽の冬を思わせる力強い音色、鉛色の空と吹雪、いきり立つ波しぶきが頭に浮かびます。

創作では「マッカリヌプリ」と言う曲が印象的でした。
「マッカリヌプリ」・・・羊蹄山のことです。
やさしくもあり、時には冬の厳しさをも合わせ持つ雄大な山、四季の移り変わりを表現した曲でした。
これはあくまで私個人の感じたままですが・・・
ここに移住して5年、それぞれの四季を感じてきましたが三味線の音色はまさに移り変わりを現した印象深いものだったと思います。

久しく撥を握っていませんがまた一から練習したくなりました。

0623-111111.jpg

カラスが気になるお年頃・・・
そーいえば、三味線って猫の皮使ってるって昔から言うけど今でも・・・?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。