とうとう6匹目「福」が仲間入り・・・四季の移り変わりと愚連隊の日常を綴ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れ・・・

今日、札幌で「お別れ会」がありました。

永遠のお別れです。

同じ屋根の下で働いた恩師の方で、私も相方も大変お世話になった方です。

異動でお互いバラバラでしたが、違う地で頑張っていらっしゃると思ってました。

悲報を聞いたのは25日・・・

たいがいこんな時信じられないもんです・・・



今日、半信半疑のまま会場へ・・・

立派な祭壇に元気な頃の、私達がよく知ってる笑顔の遺影が飾られていました。

でも実感がすぐに沸くってもんじゃない。

久しくお会いしてなかったし・・・

時間どおりに葬儀が行われ、お坊さんの読経が響く。



昔からのお付き合いの方が挨拶された。

「みんなにお礼を伝えてほしい・・・」
「笑って見送って欲しい・・・」

病床でこんなことを託されたことを話していた。

そして出棺前に最後のお別れ・・・

棺の中には、戦いを終えた恩師の顔があった。

でも・・・

私達が知ってる、遺影のままのお顔ではなかった。

その時初めてこみ上げた。

いつも気丈に振舞って、面倒見が良くて、人懐っこくて、たまにいたずらな顔をする、私達が知ってる顔じゃなかったことが最大のショックだった。

いっぱい頑張られたんだろうね・・・
そんな戦いのあとが顔に現れていた。

花でいっぱいになった棺・・・

でも最初に見たときより少し穏やかになったようにも見える。

みんなに愛された方だった。
だから51歳で旅立つのはあまりにも早すぎる。
心残りもあっただろうに・・・
一番悔しかったのは御本人に違いない。

切ない気持を抑えきれず、あちこちですすり泣く声が聞こえた。
そんな様子を、まだそう高くない場所から見てる恩師がいたかもしれない。
「頼むから笑って見送ってよ」・・・そう言ってるかもしれないと思った。

スポンサーサイト

コメント

なんかいまだに亡くなったのが信じられないです…
ふぅちゃん~
ホントに・・・
無念なのはご本人だね、きっと・・・

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。